うつ病の基本的症状やうつ病の診断の方法について紹介します

症状と診断方法

ドクター

うつ病とは症状によって、日常生活を送ることが困難になったり、社会生活を営むことができなくなったりしている状態のことです。その症状は様々で、人によってあらわれ方も異なってきます。うつ病の症状として、代表的なのが不安です。うつ病になると、うつ病の症状によって、日常生活上で上手く行かないことが増えてきます。すると、今までできていたことがどうしてできないのだろうという不安に襲われます。次に出てくるのが、抑うつ状態です。抑うつ状態とは、気分が落ち込んで、何もやる気が起きない状態です。突然、涙が流れてきたり、いつもうなだれていたりといった症状がみられます。上記の2つがうつ病の初期症状です。この2つのうちにうつ診断を受けることができれば、いいのですが、自分ではうつと気がつくことができずに、うつ病の診断が遅れてしまうのが現状です。そのため周囲の人や家族の人がうつ病の初期症状に気がついて、心療内科の受診勧めることが重要です。症状が進行すると、次は睡眠や食欲に影響がでてきます。食欲については、食べ物の味がわからなくなって、食べることができなくなってしまったり、反対に食欲が異常に増えて、同じものばかりを食べてしまったりといった症状がみられます。
睡眠については、夜になってもなかなか眠ることができない入眠困難という症状や、いつも朝早くに目が冷めてしまう早期覚醒といった症状が見られます。うつ病になると、自分で睡眠のバランスを取ることができなくなってしまうため、身体を休めることができず、ますますうつ病がひどくなっていきます。

さらに症状が進むと、強い罪責感に苛まれます。物事を全て悪い方向に考えてしまい、何事に対しても、上手く行かないのは自分が悪い、自分の責任だと思い込むようになります。また、そういった考えばかりを持つようになると、だんだんと集中力や思考力が低下していきます。そのため、仕事を続けることが難しくなり、それを自分の責任だと思い込んで会社を退職し、最終的には離婚してしまうこともあります。
うつ病が最終段階に進むと、自殺念慮が強くなってきます。自殺念慮とは、自分はこの世でいらない存在だ、この世から消えてしまったほうがいいと思い、ふとしたことをきっかけに自殺行為に及んでしまう状態です。うつ病でもっとも気をつけなくてはいけないのがこの自殺念慮で、すぐに心療内科で専門医の診察を受けなくてはなりません。こういったうつ病の症状は、常に表に現れているわけではありません。あるときは調子がいいのに、あるときはうつ病の症状のせいで調子が悪いということがあります。このような症状の現れ方を日内変動といいます。この日内変動が原因で、うつ病が周囲の人に理解されにくいということがあります。うつ病の診断は、他の一般的な病気の診断とは異なり、血液検査やレントゲン検査などで判断することができません。そのため医師と患者、さらにはその周囲の人々からの情報をもとにうつ病の診断を進めていきます。そのため、うつ病を診断する時は、周囲の協力が必要です。

うつ病の原因

女の人

うつ病の原因は大きく3つあります。その原因を知ることで、自分や周囲の人のうつ病に気がつくきっかけになりますよ。また、うつ病になりやすい人についても説明しているので、気になる人は目を通してみてくださいね。

うつ病と食事

悩む人

うつ病と食事には深い関係があります。食事を改善することで、うつ病を予防することもできるんです。ここでは、うつ病と食事の関係や、うつ病に効果的な食の方法について学ぶことができますよ。

診断の流れと付き合い方

相談

実際に、心療内科や精神科を受診した時に行われる診断の流れについて説明しています。また、うつ病に対する理解の仕方や、うつ病の人との接し方についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。